どうする!?雨の1日目。シーとランド、アンバサダーホテルの室内など〜東京都民でディズニー偏差値低めな夫婦が子供を連れて、ディズニーアンバサダーホテルに泊まって、クリスマスシーズンの東京ディズニーリゾートに行ったレポ(3-2)

   2020/01/25

嫁です。

今年初のブログということで、毎年恒例のおせちの画像を失礼致します(汗)今年もお取り寄せです✨今年の誕生日で10歳になる息子がおせちで食べられるものが増えてきたので、追加の伊達巻きやハムも含めて2日であっさりとなくなりました。

…1月も終わりに近づいて来たところなので、お正月の話題はここで終了として、前回の記事の続きです。

<前回の記事>
Merry Christmas!!〜東京都民かつディズニー偏差値低めな夫婦が子供を連れて、ディズニーアンバサダーホテルに泊まって、クリスマスシーズンの東京ディズニーリゾートに行ったレポ(3-1)
https://rikeibunkeifufu.com/tdrxmas2019-1/

こちらの続きです。東京に住みながら、東京ディズニーリゾートの経験値と知識が恐ろしく低い私達夫婦が息子のために一念発起。バケーションパッケージという宿泊プランを利用して、東京ディズニーリゾートを最大限に味わうことが出来るか!?というお話の続きです。

まず、私たちが購入したのは「2つのパークのディズニー・クリスマスを満喫する2DAYS」というプランです。

【プランに含まれる内容(1人分)】
パークチケット(2日間ランドとシーに自由に出入り出来るもの)×1
ファストパスチケットA×1
ファストパスチケットD×3
ショー鑑賞券×2
ホテル宿泊費×1
パークレストラン利用券(夕食用)×1
ホテルレストラン利用券(朝食用)×1
フリードリンク券(2日間)×1
ディズニーリゾートラインフリーきっぷ(2日間)×1
チケットホルダー引換券×1
オリジナルグッズ引換券×1
オリジナルポップコーンバケット引換券(家族3人で)×1
オリジナルガイドブック(家族3人で)×1

ホテルはディズニーアンバサダーホテル、ショーも予約、ファストパスはモリモリ。パーク内の飲み物は飲み放題諸々、至れり尽くせりのプランです。ファストパスはパーク内に入るとアプリで取得できるのですが、それとは別に上記の通りの数がプランについてきます。Dは通常のファストパスですが、Aはアプリではファストパスが発行されない最新のアトラクションに使える特別なファストパスです。

東京ディズニーリゾート/バケーションパッケージ
https://reserve.tokyodisneyresort.jp/vp/search/

私たちが利用したプランと全く同じようなものはありませんが、今も至れり尽くせりなプランが満載です。…いいお値段だけど…、近場の海外行けそうだけど…。(うるさい)

息子に聞くとやはりハロウィンかクリスマスシーズンがいいというので予約サイトを調べてみると、小学生の息子が行ける土日や祝日のことごとく完売。さすが大人気のディズニー…とは思ったのですが、まだ日にちがあるのでキャンセルが出るのではないかと思い、予約サイトをチラチラと覗いて見ていました。そして、運良く見つけたのが12月頭の土曜日に宿泊するプラン。

と…
取れた!!

ハロウィン・クリスマスシーズン後にするか、来年まで我慢させるしかないのか(息子がティーンになっちゃうけど←母のこだわりポイント)と思っていたのですが、意外に日にちが近いプランが予約出来ました。

思い立ったのが10月に入ってからで、結局予約したのが11/2。バケーションパッケージのレストラン予約は2ヶ月前からなので、すでに予約が始まっていました。

朝食の
シェフミッキーの
空きがない…

せっかくこれ目当て「ディズニーアンバサダーホテル」にしたのに!!…とは思ったものの、何度かのぞくとちょっと遅めではありましたが9:10からの予約が取れました。よしっ!!

そして、夜ご飯の予約もあまり空きがなかったので、数少ない空いている時間とレストランの中からメニューが良さそうなものを…。予約は変更出来るので、いい時間帯や場所が空いているかチラチラのぞいて変更すればいいと思っていました。

そして、
仕事が忙しくて
放置

何度かのぞいたものの空室がないなと思っているところに、仕事が忙しくなり放置、予約の10日後に「予約確定したよ〜」という内容のメールが…汗。夜はパレードが見えるレストランで食事をしながらゆったりとパレードを…という夢のプランは儚く消えました…。

バケーションパッケージの
特典がちっとも
活かせてないっっ!!

一般客より先行して色んな予約が出来るというのが、バケーションパッケージの特典の1つでもあるのですが、全然活かしてきれてない…。そもそも、バケーションパッケージの予約自体が遅かったし…。

パレードを見る時間や見られるレストランは少なくとも把握した上で2ヶ月以上前に、バケーションパッケージを購入し、それぞれの予約がスタートしたと同時に予約するくらいの勢いじゃないとこのプランの特典を余すところなく享受することは出来ないようです。しかし、ディズニースキル(!?)が低すぎる私たち夫婦にはそれをすることが出来ませんでした。

いきなり残念な出だしですが、とにかく2日とも予約出来た東京ディズニーシーのショーの始まる11:45に間に合うように家を出て、ホテルでチェックイン。荷物を預けてシーへ移動。

さらに残念なことに、なんと1日目は雨。そして、ショーは中止でした(涙)

ショーの代わりに、短時間かっぱを着たキャラクターたちが船で登場してご挨拶するという5分ほどのイベントをバケーションパッケージ専用のスペースから見ました。わざわざそこで観なくても、他のスペースも空いてたけどね…(しょんぼり)

そうこう言っているうちに主人がアプリでランチの予約を取ることが出来ました。ランチはパッケージにはふくまれていないので別料金なのですが、1ヶ月前から予約が出来ることを把握しておらず、気付けば当日。電車の中で見ても空席がなく、パークについてからもアプリをチラチラと覗いて空きをどうにか押さえることができました。(準備不足)

レストランはディズニーランド内で、予約時間は14:30なのでまだまだ時間あります。特典のファストパスを使ってどれかアトラクションをと思っていると、主人がアプリで(つまり一般向けの)ファストパスを取ることが出来たということなので「海底2万マイル」というアトラクションに行くことにしました。

外観。

海底にいた何か。

大人の私たちには仕組みがわかったのですが、目の前に現れる泡や照明・乗り物の揺れなどで、息子は本当に水に潜っていると錯覚したようで、とても楽しそうにしていました。

そろそろランチのためにディズニーランドの方に移動をと思いキャストの人に尋ねたところ、「メディテレーニアンハーバー」という船でディズニーシーの出入口に移動してディズニーリゾートラインで移動が良いとのことでした。

船で移動!!移動もまさにディズニ「シー」です。

ディズニーシーの出入口に到着。外に出て、ディズニーリゾートラインに乗ります。

ディズニーリゾートラインというのはディズニーランドとディズニーシーの外側をぐるっと囲むように走っている電車で、2つのパークと周辺のホテルなどの移動に使います。電車もミッキーだらけなのですが、さらにクリスマスシーズンは念入り(?)に手すりがミッキーサンタと徹底されています。この電車はバケーションパッケージに2日間乗り放題のチケットが付いているので、それを利用して乗ることが出来ます。

このディズニーリゾートライン、ディズニーリゾートやホテルを利用しない人でも電車賃を払えば利用できるのですが、「届きそうで、届かない」夢の国というのも…なので、ただこのディズニーリゾートラインに乗るために来る方は少ないかとは思います。ちなみにJRの舞浜駅から乗ることが出来ます。

「東京ディズニーランド・ステーション」駅に到着。東京ディズニーランドのゲートの前には、写真の「東京ディズニーランドホテル」があります。外観もかわいいですし、立地的にも就学前の小さなお子さんがいらっしゃる方はこのホテルが良さそうですね。

ゲートを入ってすぐのショッピングエリアのクリスマスツリー、大きくてライティングも華やかで綺麗です。屋根があるエリアなので雨でものんびりと楽しみことが出来ます。

予約が取れたのは「れすとらん北斎」という和食レストランです。

生麩もミッキーと徹底されています。写真は「蟹とサーモンといくらのちらし丼」なのですが、私が蟹を嫌いなので蟹抜きです。(でも鮭といくらがとても食べたかった)決して、丼自体の具が少ない訳ではありません(汗)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/restaurant/menu/313/

子供向けのメニューはおにぎりにおかずが少量なので、就学前のお子さん向けだと思います。うちの息子はとんかつが好きなので「ロースかつ膳」を食べましたが、メニューの数が少なめなのでレストランを決める前にお子さんが食べられるものがあるかはチェックした方が良さそうです。

ちなみに主人も同じ「ロースかつ膳」を食べました。最近、お父さんと同じメニューをペロリと平らげるようになった息子(小3)、我が家のエンゲル係数の今後が気になります。

遅い昼食を済ませてた後にチェックインができる状態になったので、ホテルに移動することにしました。「ディズニーアンバサダーホテル」はJR舞浜駅の近くのディズニーリゾートラインの「リゾートゲートウェイ・ステーション」駅の近くにあるので、また電車で移動します。

チェックインは15時ということにはなっていましたが、部屋の準備が完了次第アプリにお知らせが届き、それ以降部屋に入ることが出来ます。うちは14時過ぎで少し早めでした。部屋に荷物も届けられていますしアプリが鍵の代わりになるので、部屋に行く際はフロントを介さずそのまま部屋に行くことが出来ます。

便利…

さらに冷蔵庫のものを飲んだりルームサービスを使ったりしなければ、部屋のテレビでチェックアウトも完了し、フロントに立ち寄る必要もありません。荷物を預けるクロークにはもちろん立ち寄る必要はありますが、ホテルに泊まって出るまでにフロントに立ち寄るのは1回限り。

チェックインとチェックアウトってみなさん同じような時間帯なので、通常のホテルってフロントが混んでいたりしますよね。そこをスルー出来るのは合理的でいいなぁと思いました。

という訳で、するっとフロントを通過して部屋へ。なんとか空きがあって取れた客室なので、キャラクタールームとかそういうものではなく「スタンダードフロア スーペリアルーム(禁煙)」というごく普通の部屋です。早速、ベッドカバーがミッキーです。

ソファコーナーの壁にもミッキーたちの絵。

スタンドもミッキー柄。

部屋の方から入り口を見たところ。部屋は広めでゆったりした印象です。

鏡に、ミッキー。

コーヒーのマドラーまで、ミッキー。ここまで徹底されています。

玄関に向かって右側に洗面所諸々の水まわりコーナーがあります。引き戸を開けるとまず、洗面所があります。右のドアはトイレです。

鏡のフレームの四隅がさりげなく、ミッキー。

アメニティはもちろんミッキー。

洗面所の左側がお風呂です。トイレと同じミッキーの足みたいな柄のガラス。

お風呂の中は普通のタイルです。広さはアイスマート(おっ、住宅ブログ感 笑)の1坪のお風呂と同じくらいだと思います。

水回りのタイルや白いドア、鏡のデザインなどがちょっとレトロでかわいらしい雰囲気ですよね。このホテルは1930年代のアメリカがテーマだそうなので、なるほどといった感じです。

部屋の壁紙の上にもミッキーたち。

カーペットにまでミッキー。本当に徹底されています。この空間にしばらくいると、家を建てる時にディズニーづくしにする方の心境がなんとなくわかってきました。すごいな、ディズニー戦略。(←夢のない発言)

「無線LANの設定あったよ」と、主人。いや、いるけど、まずそれ!?

窓の外。メルヘンチックなホテルの屋根が続く向こうに、ディズニーランドが見えます。

うわ
根が生えそう…

移動と寒さで疲れた時にホテルで休憩出来るのは、子連れのファミリーには優しいです。自分が疲れている時にさらに疲れた子供のフォロー、きついですよね…。

スマホとホテルのディズニーチャンネルをお供に、靴を脱いでホテルのベットでゴロゴロ。助かるんですが、そこでそのまま出たくなくなりそうでまずいです。

そこでバケーションパッケージに含まれている夕食の時間が背中を押してくれます。予約なしではなかなか入れないので動くしかないのが、よかったりするかもしれません。

またディズニーリゾートラインで移動して、東京ディズニーランドへ。自分が泊まるホテルではないのですが、綺麗だったのでまた「ディズニーランドホテル」の外観の写真を。レストランの予約が19:20と少し遅めでそれに間に合うようにホテルを出たので、外はすっかり暗くなっていました。

ディズニーランドのゲートもキラキラで、いい雰囲気です。

ランチを食べたレストラン近くの大きなツリーももっとキラキラで、綺麗でした。そして、1眼レフ×単焦点レンズ最高!!人混みでズームが効かないのはちょっと不便ですが、イルミネーションは単焦点レンズがピッタリだと実感しました。

昼間とは別の場所のようです…。

光るおもちゃのワゴンがそこかしこにあって綺麗なのですが、昼間にもおもちゃを買ったのでお茶を濁しつつ、スルー。(際限ないので…)

予約してあった「ブルーバイユー・レストラン」に到着。予約時間の15分くらい前に着いたのですが、入り口の前での行列とロビーでかなり待たされたので、「予約時間って!?」といったい感じでした。しかし、予約がなければもっと待つか、そもそも入れないかなんでしょうね。

ところで、この食事の時間、実は「エレクトリカル・パレード・ドリームライツ」の時間にがっつりかぶっておりまして…。

バケーションパッケージの
特典がちっとも
活かせてないっっ!!

先にも書いたように、早めに予約をしていればパレードが店内から観られるレストランでパレードを観ながら食事をするという夢のプランが実現出来るそうなのですが、パッケージプランの予約自体が遅く、それも叶わず。レストラン予約自体がほとんど埋まっている中、ピンポイントで予約が空いていたのでなんとか予約をしたところ、実はパレードの時間に思いっきり被ってたというお粗末な結果に…。

夕食チケットを使わないという選択も厳しいので(高いし、食べられる保証もないし)、息子にパレードの存在は教えず(ごめん)レストラン予約を優先しました。後日、パレードのみピンポイントで連れてくる決意をしつつ、ここは妥協するしかありませんでした。とてももったいなかったです。

気を取り直して、レストランの食事風景を…。

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/restaurant/menu/318/

メニューはコースで、前菜・主菜・デザートが数種類から選べます。息子が大人用が食べたいというので聞いてみると、大人用と子供用どちらを選んでもいいとのことでしたので、大人用をお願いしました。

お酒はディズニーシーのみなので、ディズニーランドにあるこちらのレストランはノンアルコールのみです。ここはまあ、別にいいかなという感じです。(出来れば飲みたかったけどね!!)

前菜。なかなか豪華です。飲みたい。(はやり)

割と暗めのレストランなので、雰囲気そのまま(それでも明るめ)の写真でお届けします。

ほんのり温かいおかわり自由のパン。息子がかなり気に入って、おかわりしていました。

主人の主菜のローストビーフです。前菜に肉があっても、さらに肉が食べたかったそうです。

私の主菜のチキン。ソースが複雑な味わいで美味しかったです。

息子の主菜のオマール海老。エビが好きなので、大きなエビに初挑戦です。

デザートは2種ありましたが、これは私のもの。主人と息子はアイスをたのんでいました。

ディズニーランドなので子供向けと思っていましたが、スパイスが入っていたりと複雑な味で大人にはよかったのですが、息子にはまだ早かったようでした。今ホームページを見たらお子様セットのところに「12才以下のお子様におすすめ」とあったので、ファミレスの子供用メニューとは少し位置付けが違うようでした。ちょっと失敗しましたが前菜はぺろっと食べていましたし、おかわりのパンのお陰でお腹は膨らんでいたようなので、よしとします。

お店を出ると20:30を過ぎていましたが、ホテルも近いし朝食の時間も遅めなので、1つアトラクションに寄ってから帰ることにしました。

「スター・ツアーズ」というスターウォーズをテーマにしたアトラクションです。スターウォーズがいつの間にかディズニーに…。主人がアプリのファストパスで取ってくれました。

自分が見たかったんでしょ!?と突っ込みたくなるチョイスですが、息子もスターウォーズのSFでメカな雰囲気が好きなようなので、まあいいでしょう 笑。

帰りはまたリゾートラインで移動してホテルへ。ミッキーだらけのホテルとディズニーリゾートに来ている感動で、「寝たらもったいない。寝たくない。」と言っていた息子ですが、お風呂の後にベッドに入ると疲れていたようですぐに本当の夢の国に…。(つまりすぐに寝ました。)

ホテルを取って天候が悪かったらどうしようと思っていたのですが、屋内のアトラクションやショッピングモールもあるので、思いの外楽しむことが出来ました。ホテルのあるお陰で途中で休憩を入れたり、夕食後も遊ぶことが出来ましたし、疲れはしましたがクタクタまではいかず楽しく1日目を終えることが出来ました。

2日目に続きます。

◇このブログのWEB内覧会一覧です◇

◇にほんブログ村のバナーです◇
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ


◇にほんブログ村のテーマです。◇
◇インテリア&間取りの参考に◇





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント欄