男の城の椅子が壊れた!

 

旦那です。

2013年夏に引っ越した際に購入した男の城用のPC用の椅子が壊れたので新しいものを買うまで考えたことをたどっていきます。

机との関係
ご存知の方はご存知ですが、IKEAのL字形の机を使っています。この机、一人で裏返すのが不可能な重さです。
なにせ天板だけでも夫婦で持ち上げないとできませんでした。
そんな机なのでいったん決めた高さを変えるのは、今更不可能
なので自然と高さ調整は椅子のほうで行います。

IMG_3675s

症状
最近の椅子はオイル式のダンパーで高さを手軽に調整できます。一昔はそういえば、数cmおきの凹みにねじをぐりぐり押し込んで高さを決めていましたね。旧宅で使っていたものもそうでした。
このダンパー。手軽に昇降できるのはいいのですが、経年劣化します。
旦那、この椅子を捨てる日が来るのはクッションがぺったんこになった時と思っていました。
意外にも、
  ガス圧ダンパーが勝手に下がって沈み込む
という症状が年明けごろから始まりました。

そういう症状に会った方はわかりますが、
  めちゃくちゃイラつきます。
たまに調子がいい時がありますが、何度高さを戻してもすぐ沈む、を繰り返す時と言ったらもう!
そういう時に限って仕事関係の調べ物をしていたりとさらにイラつきます。

修理
順当に修理をまず考えます。おそらくこのダンパー部分を交換できれば復活するでしょう。
いつものように検索しました。。。見つかりました、簡単に。「椅子 ダンパー 交換」で見つかります。

これを買うか。。。。いや、待てよ!

椅子と合うかどうか保証がないじゃない。
買った店で探すと。。。こういうパーツはなし。。。

新しい椅子を買うしかないか・・・・

椅子の調査
椅子って安いものから高いものまでいろいろあります。
IKEAの数百円の丸椅子ではさすがに長時間の作業は無理でしょうね。
といってアメリカの現法に出張していた時に使っていたハーマンミラーの10万円くらいするアーロンチェアなんかとても予算的に無理。(すわり心地はいいのですが)

使える金額はせいぜい2万円と決めて検索しまくって、見つけたのがこの椅子でした。

このメーカー、生産は中国であるけど、設計など本社機能は日本にあるとか。
生産も日本製になると、3万、4万円になるので無理だなぁ。臨時ボーナスでもあればなぁ。。。

組立
いつものように楽天セールで買って到着しました。
組み立てようと中を開けると、あれ、見たことがあるような構成。
・ガス圧ダンパーがそっくり
・ガス圧の調整レバーがそっくり
・座面と背面にとりつけるアームの取り付け穴がそっくり

あれ、もしかして、これって統一規格なの????

完成
30分弱で組み立てました。六角レンチなので残念ながら電動ドライバーは出番なし。
前は布地で今度は合成皮革。夏がちょっと心配です。

新しい椅子(2015年2月)

新しい椅子(2015年2月)


前のいすは嫁に使ってもらうことになりました。ダンパーなしでも問題ないそうです。
理系文系夫婦のHomeSweetSmartHouse WEB内覧会一覧へ
にほんブログ村のバナーです。
応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ!!