ダイニング照明~嫁の野望

   2015/04/13

嫁です。

そろそろ照明を決めなくてはいけない
時期がやって来ました。

嫁が気に入っている照明。

リサ・ヨハンソン・パッペの照明

50年代にフィンランドで活躍した
照明デザイナーのもの。

シェードに小さな穴が空いていて
星の光のように無数のやさしい光が
部屋に広がります。

これは以前、現物を見ました。
かわいいけど、ちょっと華奢すぎて
私の描く家のイメージからは
外れるかも!?

ルイーズ・キャンベルの照明

こちらも北欧のデザイナー。
これにするなら嫁は断然カラー!
アーティなダイニングになりそう。
カラーの色味はデザイナーが日本の
春からイメージしたそう。素敵。
形は鎧戸をイメージしたそうです。

これは近々、現物を見に行く予定。

パナソニックのモディファイ

三連でシンプルに、なんてのもかっこいいかも。
キッチンは白にする予定なので
あえて黒にしてポイントにするとか

しかし、上のふたつなら施主支給。
パナソニックなら一条。

その辺はとにかく近々決めねば
なりません。

悩ましいです。

…といいつつ楽しそうな嫁に
応援のクリックをお願いします。

理系文系夫婦のHomeSweetSmartHouse WEB内覧会一覧へ
にほんブログ村のバナーです。
応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ!!