デザイナーの嫁が一条を選んだ理由(後編)

   2015/04/13

「家は、道具」

後編、嫁です。

これが文系嫁の家に関する結論です。
家の住み替え検討しながら、到達した
自分なりの答えです。

家は、幸福に人生を日々過ごす「道具」だと
思います。
家を買ってゴールではなく、人生はそれからも
ずっと長く続くのです。

「仕事は極力続けたいな~。好きでやってる仕事だし。」
「子供もまだ小さいし」
「仕事以外にも、買い物やギャラリー、食事にいったり
アクティブに過ごしたいな」
「個人的にやっている服作り(ネットで販売しています。
今、家作りでちょっと活動休止状態ですが。)も
続けたいし」
「家事もちゃんとしたいし」
「歳をとったとき、立て替えなしで快適にすごしたいな」

なんて想像してると、時間なんてないです(笑)
極力家に時間をかけずに、かつ快適に。
そして導き出した答えが「一条工務店」です。

今のところ。
なぜ、今のところかというと「家は、道具」だからです。

予算に極端に合わなかったら、別の手を考えても
いいというスタンスです。
得られる機能、値段、それによって送ることの出来る人生。
バランスだと思います。

住み替えを考えはじめて、中古マンションを見ていたときに
地区10年未満で手放されている方が多いのに驚きました。
家を手に入れることで不幸になっては意味がないと思っています。

…という訳で、

営業のSさん
条件に合った土地よろしくね!!!

以上、住み替えに関する文系嫁のコンセプトです。
旦那様はまた別に書くのかな?!

理系文系夫婦のHomeSweetSmartHouse WEB内覧会一覧へ
にほんブログ村のバナーです。
応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ!!