野望の渦巻くLDK(前編)

   2015/04/12

嫁です。

着手承諾を終え、こだわった部分と
こだわらなかった部分諸々について
まとめて書いています。

今回はテーマは

【LDK】

●こだわりメーター●
設計前 ★★★★☆
設計後 ★★★★★

です。

LDK。形にはじまり、キッチン、階段、
テレビボード。決めることいっぱい
野望渦巻く場所、LDK…。
今回はそんなLDKの設計についてです。

私たち夫婦、形に関しては
ストレートがいいのか、リビングから
キッチンが見えない形がいいのか
強いこだわりがなく迷っている段階で
土地がみつかり設計をスタートしました。

形に関してはノーアイデアだった
理系文系夫婦ですが、ディテールに関しては
やりたいこと満載でした。
しかも、夫婦で相反する希望が結構あった
ところ。

●設計前●
・階段
かっこいいオープンステア(旦那)
VS
子供に安全な折り返しのボックスステア(嫁)
リビングイン希望。

・テレビボード
たっぷりものが入る一条のテレビボード最大サイズ(旦那)
VS
テレビをおくボードのみがいい。できれば一条のもの意外。
テレビ背面はエコカラットや照明でかっこよくしたい(嫁)

・ダイニング
特に希望なし(旦那)
VS
絶対におしゃれな照明をつけたい。(嫁)

・キッチン
ワイドタイプで二人とも一致。カウンターの形状は未定。
嫁は出来れば、ダクトについたスポットライトをつけたい。
勝手口+土間

・LDK全体の照明
特に希望なし(旦那)
VS
全部ダウンライト&調光器で
すっきりかつ色んな演出。

•配色壁紙など
特に希望なし(旦那)
VS
配色壁紙かエコカラットを
絶対に使いたい!

•吹き抜け
展示場でひとめぼれ。かっこいい。
欲しい。(旦那)
VS
欲しいのはやまやまだけど、
子供の安全を考えるとなしがいい。

———————-

ん~、違いますね(笑)

「間取りや内装は私は特に
希望はないから好きなように
していいよ。」といっていた旦那様。
あるじゃん~(笑)

自分の住む家。「こうしたい」が
一切ない人はいないですよね。

そして、実際の設計は?

まず、間取りはS字(?)の
ダイニングキッチンとリビングが
左右にずれてなんとなくリビングから
ダイニングが見えにくいレイアウト。

最初はなんとなく、ストレートがいいかな
なんて夫婦共々思っていましたが、
設計士さん提案のこの案がいいと
ふたりの意見が一致したところ。

階段は、折り返しのボックスタイプ。

採光面に対して横幅がちょっと狭めの土地で
オープンステアとテレビボード、リビングに
隣接する洋室(年を取ったときに居室にする
ためそこそこの広さ+収納)を
共存させて図面を起こすと…。

リビングインなのに目立つ場所につけられず
なんだか暗くなりそうな場所。
かつ、下は収納場所にはならないし。

テレビボードをなくせば、見栄えのする
場所につけられるけど、旦那様はマストだと。

そんな訳で、テレビボードをとるために
オープンステアはあきらめる結果。
息子の安全を考える嫁の気持ちもわかってくれた
様でした。

そんな訳で、テレビボードは採用。
さらに埋め込みのスピーカーも採用。
現在のマンションにもホームシアター用の
スピーカーが配してあるのですが、
配線にほこりがからまって掃除が面倒。

新しいスピーカーが欲しい旦那様と
掃除が面倒な嫁の利害関係が
一致した結果の採用です(笑)

後編に続く~。

まだ、続くのかその野望?と
思った人も思わなかった人も
応援のクリックをお願いします。

理系文系夫婦のHomeSweetSmartHouse WEB内覧会一覧へ
にほんブログ村のバナーです。
応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ!!