太陽光パネル その後

   2015/04/13

旦那です。

着手承諾がこちらに書いたようにのびた原因の1つに太陽光パネルのパワーアップがあります。

先日聞いた200Wパネルの登場を確認していったところ、昨日やっとその図面が送られてきました。

もともと6.3Wというしょぼい出力でがっかりしていた旦那。土地の形の都合で北側斜線を気にする必要があって、屋根の一部を削る必要があります。
残念に思っていたところのこの知らせ。見事10KWにグレードアップしました。詳細はこちら
うちも大台に!

ただ。
10kW以上は事業者、つまり発電所とみなされいろいろ制約があります。
代表的なところでは、

・補助金がない
補助金は家庭向けなので事業者には出ない、ということのようです。

・電柱にあるトランスを交換しなければならないかもしれない
トランスは電圧を変えますが、発電所がおこした電気が一般家庭に流れ込んで壊したりしないように対応する必要があるようです。

補助金は来年度どうなるかわからないのであきらめがつきますが、トランスの交換は最大50万円とのこと。

50万円!?

下手すれば1坪分じゃないですか。

その後、①全部を200Wパネル、②一部を旧パネル、③旧パネルのみ、でシミュレーションしてもらいました。
売電の額は当然①が多いですが、支払期間は10年を超えます。(補助金がないからですね)

②で考えたのはパネル1枚だけをダミーパネルにして9.8kWにできないかということでしたが、一条ルールで1列すべてをダミーパネルにする必要があるとのこと。
しかもダミーパネルの仕様がまだわからないようです。
③の選択はないので、①とすることとなりました。補助金がないのは痛いですけどね。

トランス交換代が少ないことを祈るばかりです。。。。
調査にはここを参照しました。ご参考まで。

参考になった方は押してください。

理系文系夫婦のHomeSweetSmartHouse WEB内覧会一覧へ
にほんブログ村のバナーです。
応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ!!