理系:換気装置2

   2015/04/13

旦那です。
この週末は妻も息子もぼろぼろで大変でした。

換気装置:ロスガードの事で書き忘れていると妻の指導があったので書き足します。

天井高がロスガードのせいで低くなる、とあちこちのブログでかかれており、不安を感じていました。

何でだろ?単なるパイプでしょ?

そこにも一条さんのこだわりがあったので報告します。

パイプを通せばその分断熱材が減ります。一条さんは断熱材を減らすことをよしとせず、パイプを通す場合は天井を下げているのだそうです。

でもいつでも下がるわけではありません。皆さんの考え一つで回避できます。

ロスガードは2階に設置することを推奨されています。通常、パイプを通す場所は天井だけでなく床下もあります。これらの場所を通って各部屋の吸気、換気口になるわけです。

通常は2階の床下にパイプを通して各部屋とつなぐそうですが、このためにはそのパイプを通す床の下に1階の壁がないとできないとのこと。
つまりパイプを通す箇所の真下に1階の壁がない場合のみ、天井を這わせて天井高を下げるしかないそうです。

そうとわかれば間取りのプランを考慮するだけですよね。
妻はこのことを相当心配していたようです。解決してよかった。

※2014.6追記 我が家のロスガードは旧型のロスガードで、2階は床に排気口があるため天井が下がります。現在の新型のロスガードは2階も天井に排気口があるため仕様が違います。詳細は、一条工務店の担当者にお尋ね下さい。

理系文系夫婦のHomeSweetSmartHouse WEB内覧会一覧へ
にほんブログ村のバナーです。
応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ!!