究極の選択~垂れ壁、親子ドア×、キッチン窓×

   2015/04/13

嫁です。

土間、テレビボード等々で広がる
施工面積…上がる値段…。

う~ん。
でも、これで色々実現可能になるなら…
と予算と理想の狭間で彷徨っていた、
打ち合わせ前日の夜遅く。

設計士のMさんから

不幸のメールが!!

要約↓
施工面積が増えて壁が足りないです。

LDKの垂れ壁
or
親子ドア→親子ドアのみ
or
北側のカップボード間の窓をやめる
どれか選んで下さい。

どれも、やだ!!!

垂れ壁はLDKには発生させないように
頑張った。
すっきり開放感のあるLDKを死守してきた。
だから、やだ。

北側の田園風景を眺められる
カップボードの間の窓は
この土地を選ぶときにぜひ
作りたいと思ったもの。
だから、やだ。

親子ドア。吹き抜けもオープンステアも
ない我が家。
せめて、玄関は立派にかっこよく!
そう思って考えた玄関。
だから、やだ。

…えっ、選べない…。

打ち合わせの当日の朝、嫁は
早起きして考えました。

その結論は

どれも、諦めない。
そして、まさかの2-1。
(笑)

基本構造をふたつ前の間取りに戻し、
窓やドアの位置などはその後の
変更を生かす。

キッチン勝手口の土間を作りたいがために
色々いじりすぎ、施工面積が増え
オプションが増えてしまった間取り。

二階の廊下は無駄に伸び、
その廊下の採光も悪くなっていました。

2-1、2-2、2-3と見比べて考えて。
やはりプロ(設計士)が考え抜いた
間取りは整っていて美しいことに
気がつきました。

洋服でも、
「リボンをつける」
「フリルをつける」
「花柄プリントにする」

プラスすることを想像するのは
簡単。よさげ。でも作るとあらあら…

難しいのは削ること。整えること。
バランスです。

2-1を微修正すれば、全てが叶い
費用も抑えられます。

嫁、究極の引き算で夢を叶えました!

いよいよ、次回は最終確認です。

理系文系夫婦のHomeSweetSmartHouse WEB内覧会一覧へ
にほんブログ村のバナーです。
応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. おじっぴー より:

    おじっぴーです(*^-^*)♪
    きましたね一条ルール(^^;)
    確かに諦められない内容です(゚Д゚)
    間取りの大きな変化、ちょっと大変ですが頑張ってください♪( ^o^)ノ
    今後の記事も楽しみにしてますね♪
    ではでは~また♪( ^o^)ノ

  2. 理系文系夫婦の嫁 より:

    >おじっぴーさん
    皆さん、特に完成垂れ壁には
    悩まされていますよね(笑)
    間取りって、ただのエリア分けではなく
    構造まで関係した奥深いものだと
    痛感しました。
    いよいよ次回はは最終確認です。
    ドキドキです。

  3. Q家のQ より:

    う~ん、いろいろと制約があって大変ですね~。
    我が家でもいろいろ悩みましたが、よくよく悩んだところは住んでから納得の出来栄えになっています。
    なので、妥協せずにとことん楽しく悩んでくださいませ!

  4. 理系文系夫婦の嫁 より:

    >Qさん
    ありがとうございます。
    結構、悩んだり壁にぶち当たったり
    しましたが考え抜いた間取りが
    間もなく完成するかと思うと
    気持ちも上がります(^-^)

コメントをどうぞ!!